物件概要

建物概要

名称
虎ノ門駅前地区第一種市街地再開発事業
所在地
東京都港区虎ノ門一丁目3番・6番(地番)
交通アクセス
『虎ノ門駅』直結 徒歩1分(東京メトロ銀座線)
『虎ノ門新駅(仮称)』から徒歩4分(東京メトロ日比谷線)
『霞ケ関駅』 A12出口から徒歩4分(東京メトロ日比谷線・丸の内線・千代田線)
『内幸町駅』 A3出口徒歩6分(都営三田線)
構造・規模
鉄骨造・一部鉄骨鉄筋コンクリート造地上24階地下3階
建物高さ
約120.00m
竣工
2020年6月末(予定)

貸室概要

基準階面積
1,349.67m²(408.27坪)
天井高
3,000mm(OAフロア設置後)
電気容量
60VA(90VAまで増設可能)
天井仕様
グリッド型システム天井
床仕様
OAフロア 100mm
床荷重
500kg/m²(一部1,000kg/m²)
空調
個別空調
照明
LED照明(自動調光機能付)

募集概要

用途
事務所
階数/面積
13階 / 1,058.86m²(320.30坪)
階数/面積
19階 / 1,349.67m²(408.27坪)
階数/面積
20階 / 1,349.67m²(408.27坪)

賃貸条件

契約形態
ご相談
契約期間
ご相談
賃料坪単価
ご相談
共益費
賃料に含む
敷金
ご相談
入居日
2020年7月上旬(予定)

備考

  • 取引態様:貸主
  • 分割可・・・4ゾーン(A区画:約155坪、B区画:約82坪、C区画:約83坪、D区画:約88坪)
  • LEED認証GOLD・・・本ビルは米国の環境性能評価システムであるLEED-CSのGOLD認証を取得しました。
  • BCPの需要を満たす安全性の高い複合オフィス
  • 制振構造:揺れに対して強さと減衰性能を持たせて建物の変形を抑える制振構造を採用しました。
  • 特別高圧22KVAスポットネットワーク受電:停電しにくい受電方式。1回線の送電が停止した場合も、安定して受電継続が可能。
  • 非常用発電機:ガスと重油どちらでも運転可能なデュアルフェーエル型発電機を採用し、リスクに強い安心な拠点づくりを目指します。 ※オイルタンク容量72時間分 ※ガス供給時約7日間
  • テナント用発電:ビル側で備える非常用発電機とは別に、非常用発電機の設置スペースを確保しました。
  • 非常時給水:インフラ途絶時には非常用発電機による電力供給等により、一定時間指定のトイレの利用が可能。
  • 地震時EV自動診断・復旧システム:EVを自動で診断、各EV機械室に設置した感知器が一定レベル未満の揺れであれば、自動で復旧運転するシステムを採用。
  • 自然エネルギーの利用:太陽光発電の導入や雨水利用によるトイレ洗浄水への利用など、自然エネルギーを積極的に活用し、環境に配慮したビル運営を推進します。
  • 駐車場台数:88台(ハイルーフ対応53台)
  • 駐輪台数:6台(バイク置場)、45台(自転車)
  • 本物件は建築中の為、記載内容が変更になる場合がございます。

お問い合わせ窓口

森村不動産株式会社
〒100-6031
東京都千代田区霞が関3-2-5 霞が関ビルディング31階
TEL:03-3502-0719 FAX:03-3502‐6450

売買物件

〒100-6031
東京都千代田区霞が関3-2-5
霞が関ビルディング31階

MAP

虎ノ門駅前地区第一種市街地再開発事業テナント募集